焼津浜食堂の”サラダツナ”とは?


 焼津浜食堂 サラダツナとは、?

◎ 焼津浜食堂、出されている
◎ ”生利(なまり)のサラダ”をご家庭で、
◎ 手軽に、美味しく食べてもらいたいと思って作った商品です。

◎ レトルトパウチの袋を開けると、中から、
  こんな感じで、
◎ マグロのフレークのオイル漬けが、出てきます。

  素材にこだわった、、、、
 ”ひとランク上の、マグロのツナ”です。

  淡いピンク色をした魚肉が、素材の良さを
 物語っています。 素材の良いツナのオイル漬け
 として、 いろいろな 料理に利用、出来ます。.
ショッピングカートへ⇒サラダツナショップカート
水揚げされたびん長まぐろ

 当店では、焼津港で水揚げされる、近海のびん長まぐろ(夏・びん長)
こだわっています。この原料で造る生利節は、他の漁場の製品と比べると、柔らかく、
”ぽっちゃり(太った)”した製品に仕上がります。

 このびん長まぐろ(トンボ鮪)は、他のマグロやかつおに比べ、身の色が白っぽい為、
釜で茹で上げると綺麗なクリーム色に仕上がります。そこで、焼津の加工業者が、
海の”ホワイト・ミート”と 名づけをしました。

 また、大阪の中央市場を中心として、関西地区に、”とんぼマグロの生利”として、
販売され、今もなお、多くの支持を 得ています。

 日本の近海で、一本釣りで、釣り上げられたびん長まぐろは、柔らかく、
食べた時、魚本来の甘さ、風味が、口いっぱいに、広がります。

”ああ〜鮪(マグロ)の生利の味って、結構、美味い!!”って感じさせてくれるはずです。 たかが、”マグロの釜あげ”と、思いきや、自然の本来の味を 是非一度、味わって
みて欲しいのです。


 ”生利節”って言葉を、知らない人も多い今日この頃、
”なまり節って、ツナ缶のもとの原料だよ!”と説明すると、多くの人が、、
”あぁ〜〜、なんだ、知ってるよ〜”って、理解してくれます。

 当店では、創業当時からの伝統を守りつつ、現代に合う、より美味しい”なまり節”を
製造する努力をしています。 
 無添加の自然・本来の味を是非、ご賞味してもらいたいと思っています。
                                       =カネオト店主=

                                     

ショッピングカートへ⇒サラダツナ ショップカート

インターネットでのご購入は、ショッピングカートもしくは電話・FAXフォーム等で受付ております。
商品の価格等は商品一覧のページでご確認頂けます。

カネオトの味をご自宅で 商品直売所 価格一覧 ファックス注文フォーム
ページトップ